自由なんだよ

失礼いたします。 妻です。
今日から七月ですね。七月一日の「半夏生」、皆さまご存知ですか?
私はスーパーのチラシで知りました。
タコを食べる日・・・。山梨生まれには馴染みがありませんが、流れに乗って買ってみました。「稲穂がタコの足のように根を張り、吸盤のように穂を垂れる」事を祈り関西で始まったようです。
へ~!知りませんでした。しかし、タコの特売は嬉しかったです♪

 

話は変わりますが、先日、我が家に新しい子どもが生まれました!!

農家をはじめたお友達から頂いたトウモロコシ、低農薬で育ったため、アオムシ君がいました。
いつもは、外に逃がしているけれど、小学二年の虫好き末っ子が飼いたいと言い、虫かごに何匹か入れて眺めていました。

でも、末っ子の飼育は初めの内だけ・・。 また私~!は~!

暫くして放置されてた虫かごを見ると!
モンシロチョウが羽ばたいている~!!羽化したばかりの小さなちょうちょ!

末っ子が学校から帰ったら喜ぶだろう、と思っていたら、餌替えの時に出てしまい、家を出ていきました。

飛んでいく姿は、感動的で、自分の子どものような感覚になりました。
元気で生きていくんだよ!簡単に食べられないでね!お花いっぱいにするからいつでもおいで~!!感動をありがと~!!
・・・と感傷に浸っていたけれど、末っ子は知らない・・・。

 

学校から帰った末っ子に怒られるだろうと、恐る恐る事情(言い訳)を話したら

「良いんだよ、 ちょうちょは自由なんだよ」
と、大人っぽい返事に救われました。

 

田舎者の私は、気候の変化を肌で感じています。
農家の皆様も、今年は早い、と口々にしています。

どうか温暖化がこれ以上進みませんように、他者を思い、自分の足元を良く見て行こう!
貪りの心は、仏様も良くないよ~!と仰っている。

ちょうちょが自由でいられる世界を守っていかなきゃな~!

 

合掌

祈り、九州大震災

失礼いたします。 妻です。

 

四月十四日、 十六日の九州地方を襲った震度七の大震災、
被災され命を奪われた皆様のご冥福をお祈り申し上げます。
また、家屋に甚大な被害をもたらし、避難されている皆様の、ご健康も合わせてお祈りいたします。

 

私たち夫婦は、九州と少し縁がありました。

新婚旅行は、宮崎・大分・熊本・佐賀・長崎と、時間をかけて車での九州半周旅。
結婚式で仲人と式師をお願いした方丈様の、新天地も熊本。

生まれた長女を、方丈様と、その方丈様のお母さんに逢わせたくて、初めての飛行機での家族旅行も九州。

住職と、もう一度行きたいね~と話していた憧れの風景は、地震により甚大な被害を受けてしまっている・・・。

幸いな事に、方丈様はご無事で、私たちもホッと出来ました。

 

震災からもうすぐ一か月、未だに余震が激しく、落ち着かない日々を過ごされているかと思うと、何とかならないものかと、不甲斐ない気持ちで一杯です。

炊き出しをしてくれたCoco一番カレーや吉野家、すきやや他企業の皆様、何人かの芸能人に心からエールを贈ります!ありがとう!!

食べに行きます!!

 

中でも、女優の紗栄子さんが、熊本、大分にそれぞれ500万円寄付されたと!
自身も炊き出しに参加して、被災者の支援を行っているって!!

形成外科医師の高須先生も、ヘリを飛ばして、救援に参加したと!!

何て言う布施、布施行でしょう!

それに対してクレームを言う人がいる事に驚き落胆しました。
自分の身に同じことが起こらないと信じているのでしょうか・・・。
『もし』という想像力があれば、この方達の布施行は尊いものだと気が付きます。

子ども達の、想像する力を養わなければ!

そんなクレーム、受け取らないでください。
お釈迦様も、悪口という贈り物を受け取らず、贈り物は送り主に返りました。

 

一日も早く、皆様方に平常が訪れますように・・。
失われた49名の尊い御魂の鎮魂を心からお祈りいたします。

 

合掌

 

 

気がつけば・・・。

失礼いたします。妻です。
気がついたら、今年初めての投稿となってしまいました。長らくすみませんでした!

去年、本当に色々な事がありすぎ、目まぐるしく過ぎ去った一年、今年はどうか平穏に過ぎていってほしいと願うばかりです。

 

東日本大震災から五年、勿論今年も私なりの一生懸命で読経をさせて頂きました。

時折、般若心経に出てくる「空」の言葉の意味を考えます。
何もない、ではなく何も持たない、にすると私の所にスッと入ってきます。

震災の記憶は持ち続けるけれど、その受けた悲しみや痛みは、少しずつ置いていく。
この世の無常は無情ではない。
少しずつ変化する気持ちは、悪くない。

今日の新聞で被災地の” さいがいFM局 ”が閉鎖される際、最後の曲は
サザンオールスターズの「TUNAMI」だった、と載っていました。
選曲したのは、小学校六年生の娘さんを津波に奪われたパーソナリティーを含む、被災者のFM局の人々。

曲を聞いたリスナーからは、クレームは一本も無く、
<この曲を聴くことが出来て良かった>
<聞くことが出来なかったのは、あの日に縛られていた>
など多くのメールが寄せられたとの事。

その思いの裏には、沢山の涙があっただろうと想像すると私も涙。。。

「空」
少しずつ置いて行って、私も優しく変化していきたい。

合掌

 

平成27年度の反省・・。

失礼いたします。妻です。
今年も残す所、あと一日。本当にあっという間の一年でした。

今年は、住職の単身赴任、前住職である祖父の逝去、私の病気、
そして年末24日には、祖父の妻でもある祖母の逝去と、本当に慌ただしく、走馬灯の様に過ぎていきました。
こんな年はないですね!

皆様方各位、ご迷惑とご心配をおかけしました。
お蔭さまをもちまして、大晦日を無事に迎えられようとしています。

今年の漢字は「安」でしたね。
安心、安楽、安全、安定、安静、安穏、安住、安眠・・・。
皆様方にも当てはまる所があることでしょう。
どうか、安らかな年越しをお迎えくださいませ!

そして!!

来年正月、 1月 1日、11時~ 修正会法要を行います。

是非、皆様方お越しくださいますようお待ち申しあげております。
美しく飾られた本堂を見に来てください。
お汁粉、甘酒、お酒も準備しております♪

合掌

ここに至るまで

失礼いたします。 妻です。
お久しぶりになってしまいました。

私の健康問題で、お寺の事も、家の事もままならなかった日々。
徐々にではありますが、平穏な時間となりつつあります。
申し訳なく、また、感謝の思いでいっぱいです。

私も、看護師として働いていて、健康って大事って思ってはいたのに、まさか自分が、なんて青天の霹靂でした。

前に患者さんが『健康な体って、どんなにお金出してもかえないよ~』
って言ってたっけ・・・。

健康って大事ですね、改めて思います。
さて、坐禅会ですが、時折お問い合わせいただくのですが、住職の時間の無さと、私の体調もあり、暫くは開催できません。
本当に申し訳ございません。

 

ここに至るまでも、本当に色々ありました。
今は、皆様の気持ちに応えられるよう、頑張りたい思いです。

今後ともよろしくお願いいたします。

合掌

坐禅会について

失礼いたします。 妻です。

すみませんが、七月の坐禅会を中止とさせて頂きたく思います。。

 

以前より坐禅会について、住職と私たち家族の事情で、不定期になり、こちらのホームページ上に予定を載せさせて頂き、参加者を募っておりました。
問い合わせはあるものの、実際に来寺頂けるのは、本当に少なく、寂しい思いをいておりました。

そこで、もし坐禅をしてみたい、との方がいらっしゃいましたら直接、お電話頂ければありがたいです。

 

今年は戦後70年です。反戦の思い強く、日々祈りつつ暮らしております。
もし、皆様が戦争~?なんて方がいらっしゃったら、この夏、県立図書館や、平和ミュージアム、へお越しください。

身延町の常幸寺様では 7月 5日 (日) 原爆の図のパネル展を開催しています。
それに合わせ、被爆体験者の方の講演会(午後2:30~)もあるようです。

殺すことなかれ、殺されることなかれ、
利他に努めよ

頑張ろう~っと!

合掌

 

六月の坐禅会について

失礼いたします。 妻です。
今月の坐禅会なのですが、諸事情あり、六月は休会させて頂きたく存じます。

問い合わせを頂いた方、本当にすみません。

そして、七月は三日(金曜日)に開催予定です。

 

人生、縁で生かさせてもらっていると感じる今日この頃。
皆様のご多幸を祈っております!!

合掌

 

五月の坐禅会のお誘い

失礼いたします、妻です。

5月の坐禅会は、17日 (日) 19:00~からになります。

4月25日に起こったネパール大震災、多数の方が被害に合われ、尊い命が失われた、とニュースで聞きました。
先に起こった東日本大震災を、どうしても思い起こしてしまいます。

避けられない自然災害。しかし、苦しい思いをしている子どもの姿や、泣いている方の映像を見るたび、遠い国ではありますが、何か出来ることは・・。と思いめぐらせています。

私に出来ることは、祈ること。私は私の精一杯で生きること。
仏様が、導いてくれる。そう信じ、手を合わせ祈ります。

どうか皆様に、笑顔が戻りますように!!

合掌

羽ばたけ~!

失礼いたします。 妻です。
出会いと別れのこの季節。 我が家でも一つお別れがありました。
子ども三人がお世話になった保育園とのお別れでした。

11年間という長きに渡り、本当にご迷惑ばかりかけ、しかしながら、教育という面でも力をいれていた園だったので、大きく成長・発達させてもらいました。
園長先生も、奥様である主任先生もいつも考えるのは『こどもたちのため』でした。

末っ子は、落ち着きがなく、もしかして・・病気があるのかも、と悩んだ時期もありました。
でも、先生方のしっかりとした教育と指導のお蔭で、小学生になれそうです・・。

卒園式の日は、朝、家から出る時から
「この道を全速力で追いかけたな~」と思い出しては涙。
先生方の顔を見たら涙。
音楽、歌声でも、もちろん涙・・・。
泣きすぎて頭が痛くなるほどでした。

幼い、可愛い子ども達。
きっとみんなの背中は沢山の「頑張れ」が押しているよ!
真っ直ぐに、伸び伸びと羽ばたいてごらん!
未来は君たちのものだから。

ここが皆の港だよ、何かあったら寄ってごらん。
と言ってくれる保育園、ありがとうございました!!

合掌

 

 

四月の坐禅会 

失礼いたします。 妻です。
4月の坐禅会の日程が決定しました。

4月 12日(日) 19:00~

宜しければ、皆様参禅くださいますよう宜しくお願いいたします。

別れと出会いのこの時期。
坐禅の中心は呼吸、とも言われております。
呼吸は、皆様方の命です。 呼吸を整え、心を整えに来ませんか?

どうか静かな時間を過ごしに来寺してみてください。

合掌