夏の終わり

失礼致します。 妻です。

いよいよ風の冷たさが肌に感じる秋の気配一杯の今日この頃、皆様季節の変わり目で、体調崩されたりされていないでしょうか?                                   甲府もめっきり涼しくなり、窓を開けて寝ると、寒くて~なんて言葉が聞かれます。

我が家でも夏の終わりを実感する事がありました。それは息子が飼っていた『カブトムシ』  夏の定番!大人気の虫王者!!   しかしながら、その命は儚くも一年。           この時期には朝日の中でひっくり返っている虫たち・・。悲しいものがあります。

実は、今年のカブトムシ達は我が家で孵った者でした。                       去年、近所の檀家様にメスを数匹頂いていたのが、卵を産んでいたのでした。         ある時、飼育ケースにふっと目をやると、浮かぶアルファベットの「C」のような模様・・!     あーー!っと慌てて床を買いに行き、放っておくこと数カ月・・。                  小クワガタに餌をやろお~っと蓋を開けたら一匹のカブトムシ!子ども達大喜び!       次の日も餌を交換しようとしたら何と3匹!!  大歓声でお母さん凄い!           ・・・そしてその次の日、蓋をあける前から異様な音・・。 開けた途端、私が絶叫。       10匹以上のカブトムシはまるでホラー映画の様でした。。。

夏中、楽しませてくれたカブトムシ達、最後の時は自由にしてあげようと実家の山に放しました。しかし、自然を知らないからか、外に出しても戻ってきてしまい、結局我が家に戻り、永眠しました。

外の世界が広いことを知っていたのかな~ これで幸せだったのかな~  ここが良かったのかな~   仏教でも自分の立っているそこが全て。一生懸命生きよう、とあります。カブトムシ達もこの場所を選んで生まれてきて、大事な一生を終えたんだと手を合わせます。       ごめんね、とありがとうの毎朝でした。                                                                                合掌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*