四年目の祈り

失礼いたします。 妻です。
3月11日。 四年目が過ぎようとしています。

東日本大震災で被災された方、大切な方を亡くされた方、住む家を奪われた方・・。
皆様の一年はいかがだったのでしょうか・・。

毎年、この日は必ず書き込ませて頂いています。
泣いてばかりの私ですが、やはりテレビで映される祈る方々を見ると胸が詰まって涙があふれてしまいます。
その、祈りの先には誰かがいるのを想像してしまって。
きっと笑顔で過ごしていた平穏な日々を送っていたんだろうな、と・・。

今も娘を探している、悔しい思いで一杯。
そう語る初老の男性。

子どもが居なくなったのを、今も信じられない気持ち。
野球姿を彫り込んだ息子さんの墓石の前でただづむ女性・・。
皆が笑顔になる日はくるのだろうか、心の拠り所があるのだろうか、
お寺が、仏教が人々の救いになっているのだろうか。

四年目の今日も、私は本尊様の前で読経しました。
この祈りが、どうか仏様に届きますように!

合掌

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*