八月ですね!

失礼いたします。 妻です。
暑いですね~。 皆様残暑厳しい折、お体の調子はいかがでしょうか?
我が家の子供達は皮膚のトラブルだらけです。  夏の定番、とびひにあせも!
熱中症なんて言葉も認知度が上がり、昔の様に「夏の暑さも、気合いで乗り切れ」とは言えなくなってきました・・・。

八月に入るとお盆の季節。大切な人たちの事を思い出す時期ですね。
そして、新聞では『戦争』特集が目につきます。
私はこの記事や投稿文をくまなく読みます。 そして泣いています。。。
今朝は硫黄島での遺骨収集の記事に泣かされました。
「守りたい命がある本土に、敵の侵略を防ぐ、遅らせる」
(映画化された物の中にあったセリフだったかな?) 胸を打ちます。
遺族の方達が灼熱の地で何万とある遺骨に向き合っているそうです。

水もない灼熱の大地のここ(硫黄島)ではなく、本土に連れて帰って眠って頂きたい、遺族の方の言葉が響きます。

本土に帰り、今の日本を見たら何と思うでしょう。
守りたいと思っていた命は簡単に殺され、希薄な人間関係、流れのはやい社会・・・。

でも、私達には教えがあります!それを伝える事の出来る僧侶がいます!
どうか心から「おかえりまさいませ」と言える世の中になりますように!!
この平和な世の中を願って逝ってしまわれた方達の鎮魂を祈って、平和の有り難さを感じて・・・。

全国の僧侶の皆様、忙しい夏!頑張りましょう~!! 
                                       合掌

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


*