桜の癒し

失礼いたします。 妻です。
甲府の桜は散りだして、青々した葉っぱが顔を覗かしてくれ始めました。
「津波の被害にあいながらもたくましく咲く桜」の嬉しいニュースもありました。

「ここは凄く大きい地震と、津波があって沢山の尊い命が亡くなったんだよ。でも、日本中の人が皆で頑張って、今はこんなに綺麗な桜を見せてくれているんだよ。感謝しようね」
なんて百年後、こんな会話が生まれていれば嬉しいな~。

もし悲しみの分だけ桜を植えたら、百年後は日本の、世界の桜の名所になるでしょう。

今は先の事を考えると、重い気分になってしまうかもしれません。
先のブログにも書きこみましたが
「過去は実体がない。また未来も。今、この時を生きている」
般若心経には教えが説かれています。

もし、未来の自分にあったなら「あの時、皆で頑張る事が出来て良かったね」と言われたら嬉しく、私は私なりの「今」を生きていきたいと思います。

未来の自分・・・明日の私に「今日中に子供の支度、しといて~」と言われているような…。
日々是好日!!
                              合掌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*