「恒例」は幸せ

失礼いたします。 妻です。
いよいよコオロギが鳴きだし、涼しい秋風がそよめく季節になってきました。
長泉寺でも16日に行われる大施食法要の準備に取り掛かりだしております。

八月も光陰矢のごとし!足早に過ぎて行きましたが、九月も我が家では行事が目白押し!
法事に施食にお彼岸、小学校と保育園の運動会、と気合いの入る月です。

こうして毎年の恒例行事が出来る事は幸せな事です。
いつもと変わらない日常、それが幸せなのですね。
今年は高校野球から目が離せなかった方も多くいらっしゃったのではないでしょうか?
震災後、野球が出来る幸せを噛みしめ「あきらめない」精神を多くの場面で見させて頂き、とても感動しました。
こんなにも子供達がキラキラと、生き生きとし、ボールを追う姿がジーンとするなんて・・。
東北勢の子供達もプレッシャーの中、自分達のすべきことを実直に頑張って、本当に凄いと思いました。
毎年ある高校野球ではあるのですが、何故かこれが幸せと言うものなのか~と感じました。

我が家の子供達も今年はどんな運動会にしてくれるか・・・。
長男は保育園最後の運動会。 私が涙に耐えられるかな~

日常は無常。どうか良き方向へ! 来年も同じような文が打てていますように・・・。 日々是好日!!
                             合掌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*