惜しむな!

失礼いたします。 妻です。
タイトルの言葉にピンときた方、ご覧になっていましたね~!
木曜にテレビでやっていた「エンディングプランナー 最高の人生の終わり方」
という葬儀屋さんを舞台としたドラマの中での、重みのあるセリフの一言です。

住職と録画しておいたものを、時間のある時に見ていたのですが、良い事を言ってくれていました。
「生きている人にも、死んだ人にも惜しむな」
「おせっかい過ぎるくらいがちょうどいい」
「見えていても、見えなくても、いると思えばいるし、いないと思えばいない」
「みんな愛する人に見守られている。姿は見えなくても」
「世の中うそも大事。きれいなうそなら」

仏教を勉強した方が書いたのかな~、と住職。
『惜しむな』今を大事に、精一杯の自分を尽くせ!
『見る』見えているものが全てはない
『おせっかい』『姿なき人』縁によって人はこの世にある
『うそも大事』相手を思いやる言葉、愛語

主人公のようにはカッコ良く話の決着はなかなか決められない。
自分の最期は、いつ、どこでなんて誰にもわからない。
誰にだって訪れる「その時」を大事にする為に、
だからこそ生きている時に顔を見せて、話をしたいです。

葬儀屋さんは暗くはないぞ~! お坊さんだって葬式だけじゃな~い!!
ジャニーズとは言わないけれど、イケてるメンズはお寺に沢山いますよ~!!
                 合掌

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


*