春の別れ

失礼いたします。 妻です。
私事ではありますが昨日、真ん中の長男の卒園式がありました。
以前の娘の時もブログには書かせて頂きましたが、私の中の『泣き虫』が大暴れでした。

長男は私の仕事の都合上、生後4カ月からお世話になった保育園。
入園後、初めて登園して何も分からないまま先生に、園舎に連れてかれる様を見ながら「本当にこれでよかったのか、私は何か間違っているのでは」と門の外で号泣。。。泣きながら帰って住職ビックリ。
あの光景は未だに鮮明に残っております。

それからの今日。 本当に色々ありましたが、息子はよく成長してくれました。
先生や支えて頂いた皆様のお陰様で・・・。
本当にいい保育園、先生、友人にめぐり合うご縁を頂いた事に感謝しておりました。

そしてふと、東日本震災の皆様の事がよぎりました。
犠牲者の方達の中には、卒園を目前にしていた子もいたでしょう。楽しみに待っていた家族もいたでしょう。
今日という日を悲しいかな、迎えられなかった皆様の一日を私たちは生きている。
私たちには意味のある一日。大切にしなくてはいけない一日。
そんな事を思ったら、泣ける卒園式が余計に泣けました。

帰りながらも母の私は「この道を乳母車で歩いたな~」と感慨にふけっていた時、奇跡が起きました!!
「カメさんまたね」というタイトルでブログを書かせて頂き早2年、卒園の日にカメさんがいました!
川の中を、気配を感じサーと逃げてはしまいましたが「カメだ~~~!!」と息子。
私の手より少し小さいカメがいたんです。
最後の最後に姿を見せてくれたカメさん。こんなことがあるのね~!と更にウルウル。
「カメさん、ありがとう! 車には気をつけてね!!」
                    合掌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*