草食系? 僧職系!!

失礼いたします。 妻です。
先日の山梨日日新聞に記載された記事で「僧職系男子」という見出しで載っていました。

面白いネーミングですよね! 草食、ではなく僧職!考えた方のひらめきに一票!

震災の後にお坊さんに悩みを聞いてもらって、心が晴れた30代の女性が、座談会の場を設け、僧侶に話をきいてもらう、という試みがされているそうです。
私はなんていい事か、と思いました。
僧侶は葬式だけではありません。 法事だけではありません! 教えを説く為にいるんです!!
常々口にしてきた事が、皆様の役に立つ、ということが現れています。

ここで僧侶の力が発揮されます。
曖昧な答えや、自分中心の話、仏教について、教えについて勉強していないと、こういう場に来ている方達には直ぐに見破られます。きっと。

しかしながら奥の深~い仏教。伝える為に、生かすためには本当に苦労します。
でも、苦労の先には、必ず世衆の笑顔があるはずです。

住職も、一生懸命には勉強しているつもりですが、まだまだこれからです。
皆様のお役にたつよう健康にきをつけつつ、邁進していきます!
長泉寺はいつでも門を開いております。あなたの悩みはいつか、きっと住職の知識の糧になるで、どうぞ来て下さい。

そして!全国の僧職系男子(女子)の皆様!!
世のため、人の為、力をつくしましょう! これぞ利他?!

                    合掌 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


*