御教えを納める

失礼いたします。 妻です。
今月は檀家様の法事が続きます。
法事の準備を、と昨日住職と本堂の掃除をしていたら、何となく晋山結制の写真に目がとまりました。

本当に皆様の良いお顔。 晴れ渡る澄んだ空に映えるかわいいお稚児さん。
本当に良かったな~なんて感慨にふけっておりました。

そして今日、少し暑さを感じる本堂でI様の一周忌が行われました。
須彌壇(しゅみだん)に飾られたお写真は穏やかな良い笑顔。いい写真だな~と思っていたら、お施主である息子様が長泉寺の輪袈裟をしてきてくださいました。

素敵ですよ~!なんて声をかけたのですが、実は泣きそうでした。

息子さんとお寺の縁をとりもってくれたのは、遺影のお母様。
長泉寺に入った時に、「良い住職さんが来てくれて良かった」と写真の笑顔のように、おっしゃっていたことを走馬灯のように思い出していました。
そして、首に掛かる長泉寺の輪袈裟。 晋山結制の良き思い出も皆様の縁あっての事。

私達は皆様のお役に立てているのでしょうか?
拠り所として思って頂けているのでしょうか?

読経のお声を聞きながら自問自答していました。

法事となると施主様は大変で、きっと終わったらホッとなされるのではないでしょうか。
でも私達はやっぱりお檀家様の法事が好きです。
皆様のお顔も拝見でき、終わったら充実感で一杯です。
今日も住職は一生懸命お勤めさせていただいたと思います。

だからといって法事・葬式坊主~!なんて言われないよう努力し続けます!!

私も御仏の教えをきちんと納められるよう頑張ります。
I・S様~!今日の法事、そちらから見ていかがでした~??
                   合掌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*