その時の決断

失礼いたします。 妻です。
昨日の新聞でも大きく取り上げられました、日本初の子どもの脳死間移植。皆様も御存じだと思います。
六歳未満の判定は慎重に、かつ正確に行われた模様です。

六歳未満・・・。 親御さんは本当に悲しみ、苦悩し、迷っての決断だったのでしょう。
同じ親として、その決断に至るまでの胸中は、計り知れないものがあったとお察しいたします。

親御さんのコメントを読ませて頂き、涙が止まりませんでした。
   『息子を誇りに思う』
脳死、臓器提供について色々な意見があるとは思います。
しかし、今回のこのお子様については、この言葉が全てではないでしょうか?

人はいつ自分の最期が来るかはわかりません。
例えそれが生まれたばかりの子どもであっても、命を頂いた時から、一緒に『死』と歩んでおります。
時折、そんな大事な事も忘れ、時間を過ごしてしまっていることがあります。
私も考えさせられた一日でした。

縁あって、臓器を、命を受けっとた方はどうか幸せになって欲しいです。
このお子様のご冥福と、ご家族のこれからの人生が平穏に過ごされるようお祈りしています。
                    合掌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*