未分類

カニは生きてる

失礼いたします。 妻です。
もう半年過ぎたね~なんて言っていたら、あっという間にもう7月も終わり・・。早いものです。
毎年のように甲府は酷暑が続居ております。

過日、恒例になっている海水浴に家族で行きました。
子どもはどんどん海で遊ぶのが上手になり、今年はカニを捕まえる事ができました。
しかも大漁!

ご存知のように山梨は海がありません。なので持ち帰りは反対でしたが、子どものどうしても飼いたい!との熱意に押され「三か月飼ったら海に戻す!」との約束の上、ニ匹のカニにお付き合い頂きました。
海水を沢山ペットボトルに入れて、海を後にしました。

次の日の朝、水槽の二匹のカニは勢いよく餌を食べ、喜ぶ子ども。
しかしそこで事件がありました。
日蔭の涼しい所に置いたはずが、僅か半日で暑さのためか、息絶えてしまいました。
本当にごめんなさい!

小学生組は事情がすぐにわかりましたが、末っ子4歳には理解が出来ません。
 「カニ、死んじゃったんだよ」 「ちがうよ、寝てるんだよ」
 「ううん、動かないでしょ」 「寝てるからうごかないの」
と押し問答。
そこで私は暫くの間、カニを置いておきました。

末っ子はカニに語りかけたり、海水をあげたり、時折動かしたり(知らなかった私はカニが動いたのかとビックリ)せっせと世話をしていました。
暫く経ち、においで悟ったようで「カニ死んでる!」と言い、埋葬と南無をしました。

確かにカニは動かない限り、見た目では生と死が分かりにくい。
大人では直ぐにわかります。  
でも、私は末っ子に教えられたような気がしました。

医療の世界でさえ曖昧な生と死。人により生きている、と思えば生きているし、またその逆もある。
動くことだけが生ではない。自分の枠を息子に押しつけては駄目なんだ。

カニは息子の中ではかなり長い時間生きていた。
そして生と死を息子に教えてくれました。

頭で考えて過ぎてたらいけないな~。

カニには可哀想な事をしてしまいました。反省しています。
でも、確実に私と末っ子の中には生きつづけています!

今日も蝉を追いかける末っ子。蝉、頑張って逃げて~!
                   合掌

羽ばたけ!スポーツ少年少女!!

失礼いたします。妻です。
我が家は三人の子宝に恵まれ、日々賑やかに送っております。

そして最近は長女、長男共にハマっているものがあります。それは「スポ少」!(スポーツ少年少女団)
姉はミニバスケット、兄は少年野球と、付き合う私は掛けもちです。。。

親御さんの中には「スポ少って大変」と敬遠する方が多いです。
実際、私もそうでした。 と、いうよりよく知らなかったのです。

でも、子どもが一生懸命に体を使って頑張る姿は、本当に私を刺激して、思わず「頑張れ!」が出てしまいます。

自分の子に限らず、ひたむきにボールを追っていた子が、初めて試合でシュートを決めた時は、隣の、これまたその子の親でない二人で涙涙・・・。

長男はまだ始めたばかりの初心者くん。なので球拾い係です。
でも、ユニフォーム姿を見た時は「大きくなったな~」と感慨深いものが・・・。

スポーツは心身を鍛え、親子の絆も深めてくれるかな~と期待しつつ背中を押していきたいと思います。

未来を背負って立つ子ども達。
沢山の頑張れを受けて、羽ばたけ~!
応援するお父さん、お母さんも頑張れ~!!
                    合掌

快挙!三浦雄一郎さん!

失礼いたします。 妻です。
プロスキーヤーで、冒険家の三浦雄一郎さんが快挙を成し遂げました!
80歳にしてエベレストへ登頂し、そして下山、世界記録を塗り替えました!

80歳という年齢を考えると、本当に信じられません。
身内の方もさぞかし心配した事でしょう。

皆様のお身内にも高齢の方がいらっしゃる事と思います。
比べてはいけません。 三浦さんは努力の方なのです。

毎日のトレーニングをテレビで拝見させて頂いた事がありました。
筋トレ、ランニング、気圧調節機でのトレーニングなど多数こなし、この日を迎え達成されたのです。

私は今年で38歳になります。三浦さんからすればまだまだ子ども。子どもより孫?
本当に尊敬します。

ただ、坐る。 只管打坐(しかんたざ)は曹洞宗ではよく聞く言葉です。
ただ、登る。きっと三浦さんはそこに理由なく登るのでしょう。
でも、命がけです。大勢の支援も必要です。
まるで坐禅のよう!大事なのはそこに理由があるかないかではありません。
ただひたすらに、なのです。

日本中、世界の方々も勇気を頂きました。
おめでとうございます、三浦さん!ビバ!80歳!!
                  合掌

坐・カフェ 青年会の取り組み!

失礼いたします。 妻です。
住職が役をしている山梨県曹洞宗青年会の催しがあります。

「坐・カフェ」というタイトルで、坐禅会をした後、お茶を飲みながら僧侶と話をしてみませんか?
という、気軽にお寺に来て頂きたい、坐禅を身近に感じてもらいたいとの思いから始まった催しのようです。

来月より、南アルプスの薬王寺様から始まります。県内で、6ヵ寺のお寺様で行われます。
もし興味のある方は、お寺まで問い合わせを頂ければ幸いです。

色々なお寺の雰囲気も味わえるかな?

将来を担う青年僧の取り組みです。
叱咤激励付きで覗いてみてください!
                 合掌

5月病であっても

失礼いたします。妻です。 
ゴールデンウィークも過ぎ、「5月病」なんて言葉が出始めてきました。
気分が抑鬱としたり、やる気がでなかったり、倦怠感や頭痛や腹痛、など体の症状にも現れてきたりもします。

皆様は大丈夫でしょうか?

先日、ちょっと外出をしてリフレッシュしてきました。
高原の、森林の中を通る道を車で走り、まだ咲く桜ややまぶき、藤など目を楽しませてくれました。
自然の中に居ると、心が緩みます。実感できました。 私もけっこう頑張っていた?!

もし「5月病」かも~なんて思われている方がいらっしゃったら、リフレッシュできるといいですね!
また、そんな方を見かけたら、優しく見守ってあげる大きな存在になって欲しいところです。

そして禅宗なので、ここはやはり坐禅をお勧めします!
静かに、自分の呼吸を感じる、今、自分がここに居る事を感じる、そして自分を忘れる。

今日は母の日です。 母=自身のルーツでもあります。
過去(先祖)を想像するのも、自分を大事に出来る一手でしょう。

5月病を感じてしまったら、それも自分と認める事が出来たら、きっと改善していくんではないでしょうか?

私も3人の母となり、労られ、今日は怒る声も少なく済んでいます。ホッ。
5月病であっても自分は自分! 母達は皆の味方だ~!! 勝てとは言わない、負けるな~!
                 合掌

長泉寺の大般若 


失礼いたします。 妻です。
以前行われていたかも知れない大般若。 私もどんなものか分からずにいました。
今回檀信徒総会に合わせ、長泉寺の御本尊・不動明王様のお祭にもなるとの事で、挙行されました!

写真でもあるように、お経の功徳を教本の風を浴びる事によって得る事が出来る、との事です。
静かな禅を進める曹洞宗にしては、派手な法要にも思います。たまにはいいですよね!

やはり祈るところは、家内安全・生業繁昌・交通安全・諸縁吉祥そして国土安穏(世界平和)

皆皆様がどうか笑顔で居られますように!!
                   合掌

世界の平和、安穏な世界

失礼いたします。 妻です。
またまた我が家はインフルエンザにかかってしまい、パソコンも久々になってしまいました。
こんな年は初めてです。 
今回は住職からの感染…。各方面の皆様にはご迷惑をお掛けしました。

我が家もガタガタしていましたが、世界の各地でも物騒な事件事故が起こっています。
北朝鮮による核威嚇、中国の鳥インフル、そしてアメリカのマラソンのテロ・・・。

一体どうしてしまったのでしょうか?

テロを起こした犯人は兄弟、兄は亡くなり、弟は重症という結末。
彼らをこんな凶荒に駆り立てたものは何なのでしょう?
どうしてごくごく普通に暮らしていた人々が、傷つけ命をも奪われなければならなかったのでしょうか?

犠牲者には子どもも含まれていた、との事。
この兄弟は、もし犠牲になった子が目の前に居ても同じ事が出来たのでしょうか?

縁がありこの世に生れ出た命。それは誰しもが同じはず。
何故、他の命、しかも見ず知らずの人の命を無理に奪う事ができるのでしょう?

こんな凶荒に走る前に、仏の教えがもし届いていたなら・・・
そう思うのは私だけでしょうか?
無理強いする事無く、彼らの胸に教えが届く事が出来たなら、あのかわいい少年は素敵な青年になり、親になり、孫に囲まれ最後の時を迎えられたのではないだろうか? 少年は素晴らしい薬を開発し、世界を変えたかもしれない。 素晴らしアスリートになり、皆の希望の星になったのかもしれない。心に響く歌を作り、世界の癒しになったかもしれない・・・。

仏の教えを実践し、布教していく僧侶の皆様、檀信徒の皆様。
皆で国土安穏を祈り、どうしたら世界中の子どもたちが笑いあえるか、考えていきましょう。

悲しいテロなんてもうこりごり!荒んだ心には仏様の処方箋!
              合掌

年度末の雰囲気

失礼いたします。 妻です。
いよいよ新学期も目前、年度末になりました。
この独特な雰囲気は、大人になってからも寂しくも、またワクワクもさせてくれます。

子どもたちは春休みを謳歌し、日々色々な事に勤しんでおります。
先日はドラえもんを見に甲府市中心部に行ってきました。
本当は違う映画を見たかった長女、でも今までお世話になった映画館が終わる事を言うと「行く!」と二つ返事をしてくれました。

決して新しくはないビルの中にある館。でも掃除も行き届き、ポップコーンは美味しく、子どもたちと楽しい時間を過ごさせてくれました。この映画館が閉館になるのです。
我が家の子どもたちは、ここで映画デビューした場所でした。
ここもなくなると思うと淋しさいっぱいでした。

無くなてしまう事は本当に悲しいですが、思い出はいつまでも心の中で生き続けます。
無常、常はないこの世の中。この時を大切に生き続けることがやはり大切。

私もあと、何回子ども達が私と遊んでくれるのかな~と思いつつスクリーンを見ていました。
ドラえもんは、のびた君との友情を大切にしていました。

新しい季節はもう直前。今はモヤモヤしている方も無常、常は有りません!
どうか良き方向に行くように応援しております。
色々な事を違った方面から見、考えてみると「あっ!」なんて閃いたりするかもしれませんよ。

家の子に限らず、一番最初の映画を見せてくれ、またきっと誰かの一番最後の思い出の映画も見せてであろう映画館、最後の時まで頑張って!そしてありがとう
                    合掌

春彼岸法要 25年バージョン!


失礼いたします。 妻です。
三寒四温、この言葉どうりに温かかったと思えば、今日は肌寒く、増してや花粉!体調管理が難しいこの頃ですね。

先日の法要では、鳴らし物を御檀家の皆様にも行ってもらうという、一風変わった風景になりました。
皆様当たり前なのですが、初めてで和気あいあい、楽しい法要になりました。

仏様も喜んでおります。きっと!
私もつい先日三回忌を迎えた震災の仏様に祈りました。

25日の読売新聞に、ピンク色のランドセルを嬉しそうに見せている女の子が、一面の目につく所で微笑んでいました。

二年前、震災後、新聞に載った写真で、幼い女の子がノートに
「ままへ  いきているといいね おげんきですか」
と拙い字で手紙を書いた上で寝てしまっている写真でした。

その子の背景を思うと涙なしでは見られない写真でした。
その子の、その後を記者が追って、ランドセルの写真に辿りついたようでした。
凄く気になっていたのは、私だけじゃなかった・・・。

もうすぐ一年生。父親と母親、妹までも犠牲になった震災から二年。
きっと計り知れない思いが彼女の中に、これでもかってくらいあったんだろうに!
前を向き、ランドセルが嬉しいというそのほほ笑みに、幸せを願わずにはいられない。

沢山友達が出来て、沢山笑って欲しい。愛海ちゃんを見守っていて!仏様!!
そして全ての仏様が、探している家族の元に戻りますように・・・!
                     合掌