2010年 4月 の投稿一覧

長泉寺護持会総会

失礼いたします。 妻です。
先日はお忙しい中、沢山の御出席ありがとうございました。 今年は晋山結制に向け皆様の御尽力を賜りたくお願いします。
本当に久しぶりの晋山結制です。 どうか無事に、皆様の心に残るような式になりますよう私どもも力の限り頑張ります。

私は、住職と出会う前は、お寺というと「葬儀、法事」のイメージしかなく、このような晴れやかなものもあることすら知りませんでした。
これを機に全くお寺に興味のない方も足を運んで頂けたら、とても嬉しいです。
まだまだ駆け出したばかり・・。色々失敗もあるかもしれません。その時はどうか叱咤激励して下さい。
基本は「お寺は皆様の拠り所」 気兼ねなく寄って頂けるお寺になりたいです。 

ある方がテレビで「仏様になぜ火(ろうそく)をともすか? それは仏教というのは、暗闇を照らす、迷える人々に道しるべになるために仏の火を照らす。それだけでなく、闇を照らすと一人じゃなく皆居ることに気がつく、そこに存在するんだ、そういうことを仏の火で教える為に灯すのだ」とおっしゃっていました。 僧侶ではないので私にはちょっと難しいけれど、師のおっしゃることが少しわかりました。  

長泉寺の火を灯し、此処に集って欲しいです。 皆、ここにいます。 晋山結制がその起爆剤になれば本望です。 
                                      合掌

法話<その二>

失礼いたします。 妻です。
度々の公開で頑張っております。 住職から法話の掲載です。

~~~~~~仏の教えの真っ只中で、幸せに生きる~~~~~~~~~~~~

皆さん、今幸せに生きていらっしゃいますでしょうか。世知辛い世の中、幸せを感じることがなかなかできないという方も多くいらっしゃると思います。
しかし、私たちは平等に、幸せに生きる権利があります。幸せに生きられるのです。
そもそも、幸せとは何なのでしょうか?どこからが幸せでどこからが不幸せなのでしょうか・・・。
非常に難しい問題です。幸せの感じ方は人それぞれですから・・・。

自分が幸せだと感じていても、ついつい周りを見渡しては、「あの人はいいな」とか、「あんな家に住みたいな」とか、「おいしいものを食べたいな」というような、比べる心を生じさせてしまってはいないでしょうか。
この「比べる心」こそが、多くの苦しみの原因なのです。比べることによって、人のものを欲しがったり、僻んだり腹を立てたりしてしまいます。
また、比べることによって安心を得ようとはしていませんでしょうか。「あの人よりは、まだ自分の方がいい」というような・・・。

一見、幸せを感じられるように思われますが、無理に自分をごまかしているだけなのですね。しかも、そのような考えをもつと、知らず知らずのうちに人を傷つけることも大いにあり得ます。本来の幸せとは程遠いものになってしまいます。

恥ずかしながら、私自身も以前、比べる自分に苦しんでいました。しかし、私は救われました。・・・お釈迦さまの教えによって・・・。

お釈迦様は、難行苦行の末、お悟りを開いてこう言われました。
「私を含む、この世の一切合切すべてのものが、いつでもそこに尊い存在として備わっているではないか。私を含む、この世のありとあらゆるものが、すでに尊い存在として過不足なくあるではないか」ということです。
何も比べることはない、誰とも比べる必要がない、お互い平等に、尊い存在なのですから・・・。そもそも比べることなどできないのです。

この尊い命を、大切に生きましょう。すべてのものに感謝して生きてまいりましょう。
食事一つにしても、うまいまずいと比べることなく、生かさせていることに感謝いたしましょう。心に安らぎが得られます。自ずと幸せを感じることができるでしょう。

幸せの感じ方は人それぞれです。どのように生きても同じ時間が流れます。同じ時間を生きるのであれば、幸せを精いっぱい感じて生きてまいりましょう。
すべてが素晴らしい、あなたが素晴らしい、それが、お釈迦さまの御教えです。
                                            合掌

いろいろな仏縁

失礼いたします。 妻です。
昨日、恒例の坐禅会が行われました。 嬉しいことに新しく御二方参加して下さり賑やかな会となりました。
お一方はパソコンで坐禅会を行っている寺院を調べ、長泉寺を見つけてくださったそうです。
もうお一方は以前より参加されていた方の御紹介でした。

御二方の仏縁を結んでくれた沢山の「縁」・・・。本当に有り難く思います。
住職は常々「一箇半箇(いっこはんこ)を説得する」と言っております。 これは道元禅師様がお師匠様の如浄禅師に言われた言葉で訪ねてきた人がたった一人でも何時でも真剣に教えを説け、という意味だそうです。
頑張ってその言葉の様にしたいと思って、住職も私も「縁」を大切にとつとめております。
このお寺が賑やかな笑いのあるお寺になればいいな~、誰でも気軽に来ることのできるお寺になればいいな~・・。そんな思いで一杯です。 なので昨日は住職も私もとても充実したひと時でした。 心から仏縁を頂いたすべての人やツールに感謝します。

もしこのブログを御覧になっていて気になりましたら何時でも長泉寺にきて下さい。
                                      合掌

祭りのひと時

失礼いたします。 妻です。
先日の休日に近くの玉諸神社に於いて御幸祭りがありました。 何日も前から練習する楽器の音がお寺まで聞こえており、皆様の御苦労を感じながら舞を見させていただきました。
 子供は屋台やお友達との遊びに夢中になりながらも「ほら天狗さん!女の神様!」と少し怖がりながら見ておりました。
 あの天照大御神は檀家であったHさんが舞ってたな~・・・。何処かであの笑顔で見ているだろうな~。
地域のこういったお祭りは子供の心に故郷を作ってくれます。 私もほぼ一日祭り漬けでした。
伝統や文化がこのまま受け継がれていってほしいです。 
楽しいひと時をありがとうございました!
                            合掌

春うらら?

失礼いたします。 妻です。
前回、娘の卒園を載せて早二週間・・・。 今は無事に小学校へ通っています。
本当に日々の流れるスピードが増していくようです。
お迎えに行くと可愛らしい黄色い帽子が畑の間からピョコピョコ踊っています。
いつからこの「黄色い帽子」がはじまったんでしょうか~?”どうか無事に通学できるように”との思いでしょう。
ありがたいものです。  全ての子供が何事もなく通学出来ますように!

しかし・・・。この気温の変化は身に堪えますね! 健康な人でも疲れや風邪、胃腸症状など聞きます。
これもやはり温暖化の影響でしょうか? 身から出た錆、という事になるのですね。
しかしこれからの方達、つまり子供の世代には何ら「錆」などない、大人の責任です。
私は自分の出来る限りをしたいです。  車も使いますが、出来る範囲で歩きます。
今は桜の散った花弁が道に美しく咲いております。 黄色の菜の花も、タンポポも、桃も咲いて気分が上がります。
もうツバメも飛来しているんですよ~! 美しい道を是非歩いたり、自転車にして楽しみましょう!
車の方々、レッツ!セイフティードライブ、レッツ!エコドライブ!
                                    合掌

失礼いたします。 妻です。
私事ですが、先日娘の卒園式がありました。
娘も私も泣き虫なので、卒園前から「今日で〇〇が終わりだね~」・・・うるうる。。   「これでもう一緒にはできないね~」・・・ポロリ。。。

当日は覚悟し臨んだ式では、他の子から「琴ちゃんのママ泣きすぎ」とつっこみを入れられてしまいました。
本人は最後まで頑張って、先生を送り出すアーチが終わった瞬間「あああ~~」と号泣。
頑張った娘を褒めました。

何故こんなにも泣けるのか? 幼い子の門出は成長・発達における感謝と喜び、そして切なさ、一抹の不安もあり泣けてしまうのではないでしょうか。 ・・・よく解らないけれど涙腺を刺激します。
私は沢山の縁を感じ泣けました。 幼い子を連れ甲府に来て、優しく見守ってくれた、仲良くしてくれた沢山の方々・・・。
本当に感謝しています。 こうして打っていながら泣きそうです。 無事に新たな一歩を踏み出します。

今日から新学期。 何かから卒業したり、新たな生活を始めたり、またその波に乗れなかった方など、沢山の方々の幸をお祈りします。
日々是好日! 
                              合掌