2010年 8月 の投稿一覧

あっと言う間に・・・。

失礼いたします。 妻です。
8月になったと思ったら「あっ」っと言う間に終わり、そんな感じなのは私だけでしょうか?
今年は小学生になった娘と過ごした日々。  明日は始業式で、いよいよ学校・・。ホッとした気持ちと、少し淋しさも残ります。

思えば、1歳から保育園にお世話になり、こんなに長い時間一緒にいたのは久しぶりでした。娘の成長も垣間見え、良い夏でした。
でも明日から寝坊して遅刻しないかな~~?? また朝の戦いが始まるかと思うと、頭が痛いです。。。

こうして日々が過ぎ、あっという間に晋山結制に、あっという間に子は育ち、あっという間に・・・おばあさん???

今の幸せを噛みしめつつ日々是好日! 残りの夏を乗り切りましょう~!
宿題の残っている方々ー!ファイトー! 
                                        合掌

お盆が過ぎました。

失礼いたします。 妻です。
暑く、厳しいお盆が過ぎましたね。 僧侶の皆様も今は『ほっ』している頃でしょうか?
今年も終戦記念日を越し、多くの戦争の記憶を聞き知る事が出来ました。
戦後も65年・・・。体験者はどんどん減るばかり。 後世にこの記憶を残していくには、語り継ぐ事しかできません。
しかし、思い出したくもない、語りたくもない、そしてどう伝えればいいのか・・・という思いの方達が大半であるのが事実のようです。 
戦争は文章にしても、口頭にしても、まして映像にしても、酷いものです。 
私は私の出来る限りを子供達に伝えていきたいです。

『殺すことなかれ、殺されることなかれ』前永平寺貫首、宮崎奕保禅師さまがポスターで呼びかけた言葉です。
色々な受け止め方が出来ます。 戦争を経験した、重みのある一言です。
再び終戦記念日を作らないよう、努力いたしましょう!

まだまだ残暑厳しく、体調崩しやすい折、皆様御自愛下さいますよう、お祈り申し上げます。
                              合掌

蝉の恩返し?

失礼いたします。 妻です。
今日も朝から30度超えで、言うのも嫌になる位暑いですね~。
おととい、保育園のお迎えの時、幼虫の蝉(成虫になる、抜け殻になる直前の)が道路を歩いており、息子に見せようと連れて行きました。
保育園で他のお母さんや園児に見せ、息子が園長先生に見せた後、園の木に離しました。
スルスルとあっという間に高く登り、小さな幼虫は見えなくなりました。木に向かって 「バイバ~イ」と息子。
次の日、洗濯物を取り込んだらカーテンに不気味な影! そ~~と近ずいたら立派な蝉!
慌てて息子を呼んで見せたら「うわーーー!!」と大喜び!
おそるおそる捕まえようとしたけど、ビッと空へ帰っていきました。

息子は「ぼく蝉捕まえたー!」(実際は取り損ねたけど・・)と自慢気。
蝉さん、息子に思い出をありがとう。無事に成虫になれて、恩返しにきてくれたんだね。
・・・でも隠れたその姿、立派すぎてびっくりしたよ~~(泣)
                                            合掌

八月ですね!

失礼いたします。 妻です。
暑いですね~。 皆様残暑厳しい折、お体の調子はいかがでしょうか?
我が家の子供達は皮膚のトラブルだらけです。  夏の定番、とびひにあせも!
熱中症なんて言葉も認知度が上がり、昔の様に「夏の暑さも、気合いで乗り切れ」とは言えなくなってきました・・・。

八月に入るとお盆の季節。大切な人たちの事を思い出す時期ですね。
そして、新聞では『戦争』特集が目につきます。
私はこの記事や投稿文をくまなく読みます。 そして泣いています。。。
今朝は硫黄島での遺骨収集の記事に泣かされました。
「守りたい命がある本土に、敵の侵略を防ぐ、遅らせる」
(映画化された物の中にあったセリフだったかな?) 胸を打ちます。
遺族の方達が灼熱の地で何万とある遺骨に向き合っているそうです。

水もない灼熱の大地のここ(硫黄島)ではなく、本土に連れて帰って眠って頂きたい、遺族の方の言葉が響きます。

本土に帰り、今の日本を見たら何と思うでしょう。
守りたいと思っていた命は簡単に殺され、希薄な人間関係、流れのはやい社会・・・。

でも、私達には教えがあります!それを伝える事の出来る僧侶がいます!
どうか心から「おかえりまさいませ」と言える世の中になりますように!!
この平和な世の中を願って逝ってしまわれた方達の鎮魂を祈って、平和の有り難さを感じて・・・。

全国の僧侶の皆様、忙しい夏!頑張りましょう~!! 
                                       合掌

晋山結制への思い

失礼いたします。 妻です。
過日より、いよいよ晋山結制に向けた準備委員会の話し合いが始まりました。
皆様には夜遅くまでお付き合い頂き、本当に有り難く思っております。

住職の晋山結制の思い『皆様の心の拠り所となるお寺を目指して』との思いは話し合いで、通じていったでしょうか・・・?
まだまだ若僧、言葉足らずだし、人生の経験も浅いので、本当に皆様のお力が必要です。
「自分達の一生懸命でいいじゃないですかね~。皆でやれば。 失敗もまた酒のつまみになる」
そう言って笑って下さるお檀家様・・・。 胸がジ~ンとしました。

私達は、この式をバネにします。 悲しい事件や事故が起きないよう、必要とされる僧になるよう、努力するバネにします。
皆様、見ていて下さい!

虐待で失われた幼い命には、届かなかったけれど、もう次はないように。
                                          合掌