2013年 3月 の投稿一覧

年度末の雰囲気

失礼いたします。 妻です。
いよいよ新学期も目前、年度末になりました。
この独特な雰囲気は、大人になってからも寂しくも、またワクワクもさせてくれます。

子どもたちは春休みを謳歌し、日々色々な事に勤しんでおります。
先日はドラえもんを見に甲府市中心部に行ってきました。
本当は違う映画を見たかった長女、でも今までお世話になった映画館が終わる事を言うと「行く!」と二つ返事をしてくれました。

決して新しくはないビルの中にある館。でも掃除も行き届き、ポップコーンは美味しく、子どもたちと楽しい時間を過ごさせてくれました。この映画館が閉館になるのです。
我が家の子どもたちは、ここで映画デビューした場所でした。
ここもなくなると思うと淋しさいっぱいでした。

無くなてしまう事は本当に悲しいですが、思い出はいつまでも心の中で生き続けます。
無常、常はないこの世の中。この時を大切に生き続けることがやはり大切。

私もあと、何回子ども達が私と遊んでくれるのかな~と思いつつスクリーンを見ていました。
ドラえもんは、のびた君との友情を大切にしていました。

新しい季節はもう直前。今はモヤモヤしている方も無常、常は有りません!
どうか良き方向に行くように応援しております。
色々な事を違った方面から見、考えてみると「あっ!」なんて閃いたりするかもしれませんよ。

家の子に限らず、一番最初の映画を見せてくれ、またきっと誰かの一番最後の思い出の映画も見せてであろう映画館、最後の時まで頑張って!そしてありがとう
                    合掌

春彼岸法要 25年バージョン!


失礼いたします。 妻です。
三寒四温、この言葉どうりに温かかったと思えば、今日は肌寒く、増してや花粉!体調管理が難しいこの頃ですね。

先日の法要では、鳴らし物を御檀家の皆様にも行ってもらうという、一風変わった風景になりました。
皆様当たり前なのですが、初めてで和気あいあい、楽しい法要になりました。

仏様も喜んでおります。きっと!
私もつい先日三回忌を迎えた震災の仏様に祈りました。

25日の読売新聞に、ピンク色のランドセルを嬉しそうに見せている女の子が、一面の目につく所で微笑んでいました。

二年前、震災後、新聞に載った写真で、幼い女の子がノートに
「ままへ  いきているといいね おげんきですか」
と拙い字で手紙を書いた上で寝てしまっている写真でした。

その子の背景を思うと涙なしでは見られない写真でした。
その子の、その後を記者が追って、ランドセルの写真に辿りついたようでした。
凄く気になっていたのは、私だけじゃなかった・・・。

もうすぐ一年生。父親と母親、妹までも犠牲になった震災から二年。
きっと計り知れない思いが彼女の中に、これでもかってくらいあったんだろうに!
前を向き、ランドセルが嬉しいというそのほほ笑みに、幸せを願わずにはいられない。

沢山友達が出来て、沢山笑って欲しい。愛海ちゃんを見守っていて!仏様!!
そして全ての仏様が、探している家族の元に戻りますように・・・!
                     合掌

東日本大震災 三回忌 

失礼いたします。 妻です。
あの震災より二年が過ぎました。今日、先程2時46分に合わせ本堂で、子どもらと大きな声で般若心経を、心からお唱えいたしました。

震災関連の報道により現状の被災地を目の当たりにしました。
本当に政府は何を見、何をやってきたのか! 
まだまだ仮設住宅はそのままだったり、バラバラで暮らす家族がいたり、瓦礫があったり・・。

今日は朝から涙なしではいられませんでした。
私が泣いた所で何にもならないのですが・・。

あまりにも失ったものが大きすぎ、被災していない私は、想像しか出来ません。
自分が培っていたもの、自分の歴史、愛しい家族、もし一瞬でなくなったら・・・。

被災し今だ悲しみの中に居る方達が多いのはあたりまえです。
でも一歩前に、前を向き始めておられる方もいらっしゃる。

どうかどうか辛くなったら目を閉じ手を合わせてみてください。
仏様が寄り添います。
「病、市に出せ」以前のブログにも書かせて頂きました。
心の重荷が少しでもかるくなるよう、周囲に打ち明けてみてください。

話す場所がなかったらお寺を思い出してください。
仏教は、本当に良いものです。 きっと方丈様達はあなたの声を傾聴します。

山梨の小さなお寺の大きな声の読経は、きっと届いている!
私は、私達は忘れません!! 
            合掌

ピッピちゃん

失礼いたします。 妻です。
だんだんと暖かくなり、春がもうすぐそこにあります。近くの玉諸神社では梅がほころび始めていました。
季節が温暖になってくると、動物たちも活発になってきます。
我が家ではコクワガタがいますが、まだ寝ていました。。。

ところで、最近鳥達がめっきり少なくなったと思いませんでしょうか?
スズメでさえ、朝のさえずりでうるさい位だったのにその影薄く感じます。

過日、新聞でも「渡り鳥の減少」を伝えていました。
大空を舞う渡り鳥。色々な国を自由に行き来していたはずなのに・・・。

私の地元の都留市でも、小学生の時は空を見上げればトンビがくるくる旋回していたのに、いまでは遠く飛行機が忙しなく飛んでいます。

どうしたらもっと鳥達が元気よく暮らせるようになるのか・・・?
答えは人間の中にあると思います。
きっと本当にちょっとしたことで、変わってくるようにも思います。
私も楽ばかりせず自分の足元を見なきゃ!

子どもがピッピちゃーん!と愛でる気持ちとは裏腹にバーっと勢いよく逃げていくスズメ。
頑張って生きていってね!
今度巣箱でも作ってみようかな~?
                  合掌