2014年 3月 の投稿一覧

卒業

失礼いたします。 妻です。
年度末になり、仕事に学業に区切りを付ける皆様、お疲れ様です。
新しい明日は見えていますか? いつも誰かが応援していることは忘れないで下さいね。

私も身内の受験があり、大変な思いをしている様を聞くにつけ「将来の我が家も同じ目にあうのか・・・」と恐ろしくも、律する思いにもなります。
思わず子どもに「勉強でもしてみたら」と今まであまりなかった教育母のような発言をし、冷ややかな眼差しを受けております。

今月で廃校、統合という学校もあることでしょう。住職と私の通った高校も統合されるようです。
何かを作る、新しく創める時は華やかでキラキラしていた事でしょう。しかし最後の時と言うのは寂しいものです。
でも、卒業生の私達ががんばる事で、高校も生きてくる。
部活の思い出しかなかった高校ですが、胸にしまい頑張っていきたいです。

近所のアパートでは学生の引っ越しが盛んに見られます。ナンバープレートを見ると、親御さんの気持ちが伝わるようです。
若くて楽しげで、どこか不安そうで・・。

大丈夫!自分を信じ、明日に向かって、今を大切に!! 
初心忘れるべからず! 最近たるんでる私もだ!!
                     合掌

東日本大震災・三年目

失礼いたします。 妻です。
「あの日」と言われる東日本大震災より三年が過ぎました。
早いとも、まだとも言われている三年。時間は皆に平等のはずなのに、各々進み方が違うのです。
去年のブログにも書いた「時が止まった」と言う男性。その後の心の秒針は進む事ができたのだろうか・・・。

新聞やテレビに映る被災地は、まだ被災地のままのよう・・。
「痛み抱え 生きる誓い」本日の山梨日日新聞のタイトルです。
痛みは、まだ癒えぬ心の傷。雪の舞う中、女性が祈る姿が映っていました。

私は何をこの三年で出来たのだろうか?
仏教は、僧侶は寄り添う事が出来ているのだろうか?

涙しかなかった今まで。でも今年は反省が付きまといます。

「あなたはあなたのままでいい。そこで一生懸命尽くせば、巡り巡って私達の、被災者の為になる」
そう住職におっしゃってくれた東北の方丈様の言葉を信じ、反省しつつも猛進していく!

午後2時46分には住職と般若心経を読み、香を焚き、祈りました。
どうかこれ以上、悲しみが続きませんように。
どうかみんなが笑顔になりますように。
                     合掌

未来へ向かって

失礼いたします。 妻です。
雪の影響もほぼ正常化し、疲れも癒えた今日この頃。なんとなく雪かきが恋しいのは私だけでしょうか?

昨日、息子が所属するスポーツ少年団(少年野球)の卒団式がありました。
私は卒団式なるものに出席するのが初めてで、どんなものかわからずにいました。

以前にも書き込ませていただきましたが、私は泣き上戸・・・。
子ども達の野球で培われた成長記録を見、涙。
親達の応援の様子を見、涙。
仲間、後輩たちへの思いを聞き、涙。
そして監督、コーチ、親への感謝や、卒団生への餞の言葉を聞き、涙・・・。

自分の子どもになった時、どんな風になってしまうのでしょう。。。

本当にスポーツって素晴らしい。子ども達は本当に幸せだったと思います。
そしてその事にちゃんと気づいている子ども達。
しっかりと感謝の言葉を言えるのは、辛さや苦しさを一緒になって乗り越えて、一つになれたからこそ。
これからの人生での礎を、しっかりと築いた証拠です。

別れの季節、沢山のありがとう、頑張れを受けて羽ばたいて!
新たなスタートラインに立った皆様、応援しています!!
                合掌