失礼いたします。 妻です。

 

四月十四日、 十六日の九州地方を襲った震度七の大震災、
被災され命を奪われた皆様のご冥福をお祈り申し上げます。
また、家屋に甚大な被害をもたらし、避難されている皆様の、ご健康も合わせてお祈りいたします。

 

私たち夫婦は、九州と少し縁がありました。

新婚旅行は、宮崎・大分・熊本・佐賀・長崎と、時間をかけて車での九州半周旅。
結婚式で仲人と式師をお願いした方丈様の、新天地も熊本。

生まれた長女を、方丈様と、その方丈様のお母さんに逢わせたくて、初めての飛行機での家族旅行も九州。

住職と、もう一度行きたいね~と話していた憧れの風景は、地震により甚大な被害を受けてしまっている・・・。

幸いな事に、方丈様はご無事で、私たちもホッと出来ました。

 

震災からもうすぐ一か月、未だに余震が激しく、落ち着かない日々を過ごされているかと思うと、何とかならないものかと、不甲斐ない気持ちで一杯です。

炊き出しをしてくれたCoco一番カレーや吉野家、すきやや他企業の皆様、何人かの芸能人に心からエールを贈ります!ありがとう!!

食べに行きます!!

 

中でも、女優の紗栄子さんが、熊本、大分にそれぞれ500万円寄付されたと!
自身も炊き出しに参加して、被災者の支援を行っているって!!

形成外科医師の高須先生も、ヘリを飛ばして、救援に参加したと!!

何て言う布施、布施行でしょう!

それに対してクレームを言う人がいる事に驚き落胆しました。
自分の身に同じことが起こらないと信じているのでしょうか・・・。
『もし』という想像力があれば、この方達の布施行は尊いものだと気が付きます。

子ども達の、想像する力を養わなければ!

そんなクレーム、受け取らないでください。
お釈迦様も、悪口という贈り物を受け取らず、贈り物は送り主に返りました。

 

一日も早く、皆様方に平常が訪れますように・・。
失われた49名の尊い御魂の鎮魂を心からお祈りいたします。

 

合掌