慰霊の日、6月23日

失礼いたします。 妻です。
今年も戦後69年を経て、沖縄では慰霊の日を迎える事が出来ました。
沖縄戦で犠牲になってしまわれた民間人含めた20万人・・。
23日は祈りの一日でした。

テレビでは、ある女性が沖縄戦について語っていました。
まだ13歳だった彼女は校長先生の命令で、内地(本土)に行った女学生を
「国賊になりたくなければ沖縄に戻れ」
との意味の手紙を書かされ、42名の女学生を帰省に導いてしまったのです。

戦後、残ったのは彼女と2名の女学生。 69年経った今でも彼女は泣いていました。
「私の中ではまだ終戦ではない。」

その胸中を思いやると私も涙なしではいられませんでした。
悔いて悔いて・・そして人の助けになる仕事をし、40名もの子どもの里親になり立派に育て上げ、現在は介護施設を運営し、バリバリ動く82歳。
尊敬に値します。

戦争は本当に必要ない。もめごとがあっても、どうして話し合ったり、お互いを思いやったり、笑顔になる努力をしないのだろう。
仏教が皆様の拠り所になって、悲しみの連鎖が止まりますように!!

沖縄で犠牲になられた方々の鎮魂を祈ります。
そして反戦を誓います。
           合掌

花子さん、私も!

失礼いたします。 妻です。
すっかり気持ちを取りなおし、日々送る事が出来るようになった今日この頃。
最近の話題は、またまたNHK朝の連続テレビです。
「花子とアン」舞台はここ山梨!地元民にとっては嬉しい限りです。

でも、私は少しハラハラしていました。
好調だった前作、前々作と続く事が出来るのだろうか・・・と。
しかし!住職が法話の時間を頂く事が出来た東京のお寺で、
「今日はこぴっと話させて頂きます」
と切り出すと会場は盛り上がってくれ、観衆の耳をつかむ事ができました。
きっと皆様見ていてくださっている~♪

テレビを見ている方で言葉が分からない方も多いんでは…。
私も甲府に来た時、本気で分からなくて困った事が多々ありました。
でも、今は住職のお父さんに
「美由紀も山梨県人だな~」とお墨付きを頂くほど慣れました。

先日、山梨文学館に赴き、花子とアン展を見ました。
実際の手紙、原稿、歴史には沢山の人が見入っていました。
私も特に良かったのが、白蓮さんとの手紙のやり取り!本物だ~!と興奮しました。。

花子さんは自分自身を磨くため、本を読み、英語を習い、作家、翻訳家になりました。そして今、赤毛のアンが日本に伝わることが出来ました。
向上心って凄い!

花子さんのように住職も、素晴らしい仏教を皆様にお伝えできるよう日々向上!
私ももっと前向きに、自分の道を生きていこう~☆
               合掌

子どもと未来

失礼いたします。 妻です。
ここ最近、心を痛める事があり、いつも前向きな私でも下を向いていました。
やっと気持ちを落ち着かせる意味でもパソコンに向かわなきゃ、と久々の投稿になってしまいました。

気持ちが暗いと、食べ物もあまり美味しくはなく、いつもは面白いテレビなども集中出来ないものですね・・。
でも、そんな私を励ましてくれたのが、子どもたちでした。

先日の土曜日は、末っ子の給食つきの保育参観でした。
年長組は親への披露で、手話を交えて歌を歌ってくれました。
手話!?出来るのか??と、とても心配でしたが末っ子なりに一生懸命頑張っていました。
「せかいがひとつになるまで、ずっと手をつないでいよう」
このフレーズにジーン(涙)
そしてその後頂いた、栄養バランスを考えて作られた給食は美味しかった!またジーン(涙)

フィリピンと中国と関係悪化、ウクライナも情勢が悪化、テロ行為は止まらず、日本でも大事な憲法が変えられようとしている・・。
もし、子ども会議をしたらどうだろう。
色々な国の子が、集まって仲良くしようよ!と言ったらみんな笑顔になるのではないだろうか?
大人の利権や見栄、貧困や差別、みんな子どもの前では無力なはず。
この子どもたちが将来、悲しい事件事故を起こさない様、仏様見守って、心に寄り添ってください!

せかいがひとつになるまで、一生懸命手を握っていたい。
美味しいご飯をみんなで食べればいい。
誰かが悲しむ事をしなければみんな笑顔になるはず。

良寛禅師のような気持ちになるにはまだ修行の足りない私。
生涯無一物、ん~がんばろ~
              合掌

「サンタさん、99%!」

失礼いたします。 妻です。
「ねぇお母さん、サンタさんているのかな?」
一昨日、突然の長男に質問されました。
ん~?!桜も散って、チューリップも綺麗なこの時期の質問か?とも思いましたが、真意を聞いてみると、
「だってこのおもちゃ、サンタさんがくれたんだよ」と家庭訪問に合わせて行っていた大掃除中に発見したおもちゃからの質問でした。

私「いると思う?」 
息子「ん~お母さんが買ってきて置いたって事はないよね~?」と意味ありげな表情の息子。
私「でもさ、サンタさんだってお化けだって、仏様だって神様だって、見た人もいなければ、居ないって証明出来る人もいないんじゃない?」 
暫く私と息子の雑談があり、息子は閃いたように答えを出しました。

息子「ん~いるな!サンタさんは99%いるな!今年はきっとランドセルが届くよ!だって来年はげんき(弟)の入学式だもん!」
可愛い回答に大笑いで納得でした。

現実世界は目に見える物が全てではありません。まだまだ人間の叡智の及ばない事だって沢山あるでしょう。
目に見えない素敵な力がきっとある。 心の中に居る透明な存在として、応援している方々もいる。

息子の心の中にも見えないサンタが居ました。とても優しい弟思いのサンタが。
しかも99%もの確率でプレゼントを選んでいるようです。

・・・でも、ランドセルは親である私達に買わせてね(汗)
                  合掌

卒業

失礼いたします。 妻です。
年度末になり、仕事に学業に区切りを付ける皆様、お疲れ様です。
新しい明日は見えていますか? いつも誰かが応援していることは忘れないで下さいね。

私も身内の受験があり、大変な思いをしている様を聞くにつけ「将来の我が家も同じ目にあうのか・・・」と恐ろしくも、律する思いにもなります。
思わず子どもに「勉強でもしてみたら」と今まであまりなかった教育母のような発言をし、冷ややかな眼差しを受けております。

今月で廃校、統合という学校もあることでしょう。住職と私の通った高校も統合されるようです。
何かを作る、新しく創める時は華やかでキラキラしていた事でしょう。しかし最後の時と言うのは寂しいものです。
でも、卒業生の私達ががんばる事で、高校も生きてくる。
部活の思い出しかなかった高校ですが、胸にしまい頑張っていきたいです。

近所のアパートでは学生の引っ越しが盛んに見られます。ナンバープレートを見ると、親御さんの気持ちが伝わるようです。
若くて楽しげで、どこか不安そうで・・。

大丈夫!自分を信じ、明日に向かって、今を大切に!! 
初心忘れるべからず! 最近たるんでる私もだ!!
                     合掌

東日本大震災・三年目

失礼いたします。 妻です。
「あの日」と言われる東日本大震災より三年が過ぎました。
早いとも、まだとも言われている三年。時間は皆に平等のはずなのに、各々進み方が違うのです。
去年のブログにも書いた「時が止まった」と言う男性。その後の心の秒針は進む事ができたのだろうか・・・。

新聞やテレビに映る被災地は、まだ被災地のままのよう・・。
「痛み抱え 生きる誓い」本日の山梨日日新聞のタイトルです。
痛みは、まだ癒えぬ心の傷。雪の舞う中、女性が祈る姿が映っていました。

私は何をこの三年で出来たのだろうか?
仏教は、僧侶は寄り添う事が出来ているのだろうか?

涙しかなかった今まで。でも今年は反省が付きまといます。

「あなたはあなたのままでいい。そこで一生懸命尽くせば、巡り巡って私達の、被災者の為になる」
そう住職におっしゃってくれた東北の方丈様の言葉を信じ、反省しつつも猛進していく!

午後2時46分には住職と般若心経を読み、香を焚き、祈りました。
どうかこれ以上、悲しみが続きませんように。
どうかみんなが笑顔になりますように。
                     合掌

未来へ向かって

失礼いたします。 妻です。
雪の影響もほぼ正常化し、疲れも癒えた今日この頃。なんとなく雪かきが恋しいのは私だけでしょうか?

昨日、息子が所属するスポーツ少年団(少年野球)の卒団式がありました。
私は卒団式なるものに出席するのが初めてで、どんなものかわからずにいました。

以前にも書き込ませていただきましたが、私は泣き上戸・・・。
子ども達の野球で培われた成長記録を見、涙。
親達の応援の様子を見、涙。
仲間、後輩たちへの思いを聞き、涙。
そして監督、コーチ、親への感謝や、卒団生への餞の言葉を聞き、涙・・・。

自分の子どもになった時、どんな風になってしまうのでしょう。。。

本当にスポーツって素晴らしい。子ども達は本当に幸せだったと思います。
そしてその事にちゃんと気づいている子ども達。
しっかりと感謝の言葉を言えるのは、辛さや苦しさを一緒になって乗り越えて、一つになれたからこそ。
これからの人生での礎を、しっかりと築いた証拠です。

別れの季節、沢山のありがとう、頑張れを受けて羽ばたいて!
新たなスタートラインに立った皆様、応援しています!!
                合掌

大雪ですが元気です!

失礼いたします。 妻です。
ご存知の方も多いとは思いますが、山梨県は未曽有の大雪に見舞われ、毎日雪かきの日々を過ごしております。
二月に入り、盛り沢山でブログも更新したい所、雪かきの後遺症で体中が悲鳴を上げておりました。久しぶりのPCです。

こんな雪は郡内でもありませんでした。ビックリ。

こんな時こそ皆で協力! 近所中で道を雪かきし、道路が見えてきました。

しかし、幹線道路の方が全く駄目で、朝は渋滞。私は徒歩で出勤しました。たまには体を使って良い気分!

できるだけ歩きましょう。健康な足があるなら。道路は病気の方や遠方の方に譲りましょう!

歩きながら、東北の方達の事を思いました。

もっと大変だったんだろうな・・。悲しかったんだろうな・・。

とりあえず、私達や周囲は今のところ大丈夫です!

心配しメールやお電話頂いた皆様、有り難うございました!

日ごろの運動不足、解消月間とし、ソチに負けないくらいに熱い時間を過ごします!

ソチの選手達、応援してます!あなた達の頑張りが、私達の頑張りになります!!

合掌

季節はもう春?

失礼いたします。 妻です。
今年に入り早二月。節分です。皆様のご家庭では豆まきはされたでしょうか?
我が家の子ども達がお世話になっている保育園では、先生方が鬼になり、正に鬼気迫る演技?で子ども達の豆の的になってくださっています。
長女も長男も怖がりなので、結局駄目でした。勢いのいい末っ子くん。期待しては見たものの・・・。
今年もなかなか豆をぶつける事は出来なかったようです。
来年が最後の保育園での豆まき。 どうなる事やら。

今年は寒さが厳しく、体調を崩される方も多い様です。ご自愛申し上げます。
でも、ちゃんと寒くなってこその冬。
温暖化で冬が無くなっては困ります。
寒くて困る、雪が降っちゃあね~と言わず、地球規模、とまでは言いませんが長い目で、余裕のある気持ちで乗り切りましょう!
未来の子どもたちにも雪を見せてあげましょうよ!

暦の上ではもう立春。春はもうすぐそこです。
心も体も寒さに負けないようにストレッチ!!
                   合掌

平成26年 修正会


あけましておめでとうございます。
本年度もどうか住職共々宜しくお願い致します。

賑やかな修正会も、本堂を賑やかにして頂いた大沼様、お汁粉や甘酒などお手伝い頂いた小澤様、そしてご参加頂いた皆様のお陰さまで大円成出来ました!本当に有り難うございました!

毎年、お汁もちゃんと出来るかとても心配ですが、美味しかったよ~の言葉に励まされます。
あと10年くらいしたらもっと良くなるのかな?? 皆様どうかお付き合いくださいね!

阪神淡路大震災から19年、東日本大震災より3年、笑顔でお正月を迎えられているでしょうか?
そして私達もより一層、お互いを思いやり、困難を乗り切る絆を育んでいきましょう!

今年はどんな年になるでしょう?
事件事故のない年に!心願成就!努力できる年に!
病気がどっかいっちゃう年に!!
武器を取る前に、手を取り合える、戦争のない年に!

笑顔のお布施を皆様で!! 良い一年になりますよう心から祈念しております
                      水庭 美由紀合掌